頭皮が湿った状態だとどうがんばっても、育毛剤や白髪用ヘアケア効果は薄い?

「ドライヤーの熱は髪に悪いから、乾かさない方が良い」

 

「短いから乾かす必要なんてない」

 

そう思っていませんか?

 

髪を乾かさずに自然乾燥している人も意外と多いんです。

 

でも、そんな習慣をつけていると、恐ろしいことになってしまいますよ!

 

頭皮が湿った状態だとどうがんばっても、白髪剤の効

 

育毛剤や白髪用育毛剤も、頭皮が湿った状態でつける?

 

薬局やネットでは、いろんな育毛剤や白髪用育毛剤などが売っていますよね。

 

白髪用育毛剤として今人気があるのはこのリメイニング ブラックヘアリペア。

 

 

頭皮が湿った状態だとどうがんばっても、白髪剤の効

 

この白髪用ローションも、洗髪後、濡れた髪に使うタイプのもの。

 

夜は洗髪後タオルドライをしてから軽くマッサージするタイプの育毛剤も多いですよね。

 

でも、その後ちゃんと乾かさないと大変なことになるんです!

 

頭皮が湿った状態だとどうがんばっても、白髪剤の効

【医薬部外品】リメイニング ブラックヘアリペアは髪の毛の中で不足していくメラニン色素の元、チロシンを補うことで、黒髪へと導きます。

 

そのチロシンの働きを活性化させるヘマチン、ホルモンバランスを整えるセンブリエキスとニンジンエキスを配合。

 

育毛、養毛効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムも配合しています。

 

 

濡れた頭皮は雑菌とニオイが繁殖!

 

水があるところには雑菌あり。

 

水分や湿気は雑菌の大好物です。

 

濡れた頭皮と髪の毛にも、雑菌がどんどん繁殖していきます。

 

頭皮に雑菌が繁殖すると、頭皮が炎症を起こしたり、フケやかゆみの原因にもなります。

 

もちろんニオイにも要注意!

 

雑菌と育毛剤が混じるとろくなことになりません。

 

せっかくの育毛剤の効果も半減します。

 

頭皮が湿った状態だとどうがんばっても、白髪剤の効

 

キューティクルがはがれる

 

また、髪は濡れている状態のとき、髪は柔らかくなっています。

 

キューティクルも開いているので、こすれたりするだけでダメージを受けてしまうのです。

 

髪が濡れたままで寝てしまうと、頭の体重で髪がこすられ、キューティクルがはがれてしまう危険性も。

 

せっかくトリートメントをしても、髪がこすれてバサバサなんて悲しいですよね。

 

もちろん寝ぐせもつきやすくなります。

 

長い髪はうねりがつきやすくなることも。

 

髪がバサバサ、まとまらない、うねるなど、神トラブルの原因は、年齢のせいではなく生活習慣のせいかも。

 

今すぐ改めるようにしましょう!

 

頭皮が湿った状態だとどうがんばっても、白髪剤の効

 

頭皮が冷えてしまう

 

育毛剤を塗った後に放っておくと、頭皮の体温も下がります。

 

頭皮の温度が下がって冷えてしまうと、血流が悪くなり髪の栄養不足の原因になる危険性も。

 

結果として抜け毛の促進や薄毛の進行を起こしてしまいます。

 

正しい髪の乾かし方

 

確かに、ドライヤーの熱を髪に当てると、髪の中のたんぱく質が硬化してしまうのは事実です。

 

卵をゆでると固くなるのと同じ原理ですね。

 

でも、乾かさないのはもっと髪に悪いのも事実。

 

ならどうすればいいのか…

 

それはダメージの少ない髪の乾かし方ををすることです。

 

@タオルドライを徹底する

 

どうせドライヤーで乾かすのだから、適当に拭けばいいなんて思ってたら大間違いです。

 

この段階で育毛剤をつけます。

 

あまりタオルドライをしないで育毛剤をつけるより、しっかりタオルドライした方が、効果がアップするといわれています。
ただ、ゴシゴシをこすると髪にダメージを与えてしまいます。

 

両手で髪を包み込むように、水分だけを取っていきましょう。

 

よく吸収するタオルを使用すると、より効果的です。

 

 

 

ガーゼ ヘアーキャップ 綿100% 今治産を楽天市場でチェックする

 

Aドライヤーの当て方を工夫する

 

ドライヤーの熱を当てるときは、髪から15p程度離して当てるようにします。

 

頭皮が湿った状態だとどうがんばっても、白髪剤の効

 

近すぎればそれだけ熱が強くなってしまいますし、乾かせる範囲も狭くなって時間もかかります。

 

同じ場所に長時間当てないようにしましょう。

 

ドライヤーを同じ場所に当て続けると、いくら15p離していたとしても熱くなってきてしまいます。

 

あてるポイントをずらしながら、ドライヤーを揺り動かすようにあてましょう。

 

そして、根元から毛先へと乾かすようにしましょう。

 

また、温風と冷風を交互にあてるのも大切なポイント。

 

冷風は、ある程度乾いた髪を仕上げる時に使えば、キューティクルを引き締めることができます。

 

また、髪のつやを出すことが出来ます。

 

冷やして形を整える他、髪を傷めにくいので特に傷んだ髪には最適です。

 

白髪用育毛剤は、頭皮に揉みこむように!

 

白髪用ローションや育毛剤は、頭皮によく揉みこむようにして使用していきましょう。

 

加えて、白髪剤を用いたとしてもたちまち効果が現れるわけではないため、最低でも、半年ほどは続けてみましょう。
白髪をなくすという効果をうたっている漢方薬もありますが、実際に効果を実感できるようになるには時間がかかります。

 

その人その人の体質をみて専門家に処方してもらわなくてはならないということがありますし、毎月ずっと使用し続けるとなると、金銭的な負担も大変になります。

 

副作用が少ないという利点があるとされていますが、服用を続けることができない人も多いので、最低半年は服用を続けていくという覚悟を持って飲んでいただきたいと思います。

 

必要な栄養が不足しているために白髪ができるというのなら、サプリメントもオススメです。

 

オススメの白髪サプリメントはこちら

 

とはいえ、三食きちんと食べて適度に運動し、質の良い睡眠を取ることなども重要です。

 

健康な毛髪を育てるためには、必要な栄養素を、地肌まで届けなければなりません。

 

全身の血流がいいということも大切な要素です。

 

喫煙は血流を悪くするので、できるだけやめる方がいいですね。

 

やはり生活習慣の改善も大切な要素となります。

 

効果的に白髪用ローションを使うには

 

より効果的に白髪剤を使っていくためには、頭皮にある汚れをきちんと落としてから用いることが大事です。

 

頭皮が汚い状態で使用したとしても、頭皮の奥まで有効成分が浸透しないので、本質的な効果を得ることはできないでしょう。

 

そのため、お風呂に入った後の就寝前に使うのがもっとも効果が出ます。

 

白髪用ローションや育毛剤は、説明書をしっかり読んで正しく使うようにしましょう。