白髪染めの頻度を抑える

白髪染めはどのくらいの頻度が理想?

年齢とともに髪にツヤ、コシが失われていきますよね。

 

そこへ白髪を染めれば、さらにダメージが・・・。

 

ダメージを受け続けると、頭皮がかゆくなったり赤くなったり、さらには毛が細くなって髪のボリュームが減ってしまうこともあります。
でも、白髪が目立つのがイヤだから、白髪染めをしない訳にはいきません。

 

白髪染めを一度始めてしまうと、エンドレス。

 

でも、理想の頻度は2ヶ月に1回程度です。

 

髪の毛は、平均すると1カ月で1センチ伸びます。

 

白髪の量が多い人は、2〜3週間でチラホラ目立ってきます。

 

白髪染めの頻度を抑える方法!使い続けるとダメージが蓄積!

 

だから、1カ月に1回は染めるという人も多いんです。

 

でも、やはり白髪染めを繰り返し使うことで、頭皮や髪へのダメージは蓄積しますので、何とか2〜3ヶ月に1回に抑えたいですよね。

 

白髪染め(ヘアカラー)でなぜ髪が傷む?

 

白髪を染めるヘアカラー。

 

ここでは、そのメカニズムを紹介していきましょう。

 

白髪染めの頻度を抑える方法!使い続けるとダメージが蓄積!

 

商品の内容としては一般的に染料・アルカリ剤(1剤)、酸化剤(2剤)に分かれています。

 

1剤での主な成分はパラフェニレンジアミン、トルエン、ジアミンなど。

 

2剤では過酸化水素水が用いられることが多いですね。

 

そして、その2種類を混ぜることにより髪を染めます。

 

髪に塗布した後、1剤に含まれているアルカリ剤がキューティクルを開いて染料を髪の内側へ浸透させます。

 

そして酸化剤がメラニン色素を分解し、染料を髪の内側に定着させることで髪を染めていきます。

 

白髪染めには染料が多く含まれているため、白髪にしっかりと染まって色持ちも持続します

 

ヘアカラーに含まれているアルカリ剤が髪に残ると、キューティクルを開きっぱなしにしてしまうため、髪の栄養成分がどんどん出てスカスカの状態になってしまうことも。

 

髪の毛は伸びた部分はすでに死んだ細胞なので、キューティクルが開いても自力で修復することはできません。

 

パサつきや切れ毛などのダメージを引き起こしてしまう原因になります。

 

白髪染めの頻度を抑えるには「リタッチ」がオススメ!

 

サプリメントで体の内側から白髪を減らそうとすると、どうしても時間がかかります。

 

サプリメントを飲み始めたからといって、すぐに白髪がなくなるわけではありません。

 

だから、白髪染めの期間を長くしたくても、どうしても白髪が目立つという人もいるでしょう。

 

そんな場合は、目立つ部分だけ白髪を染める「リタッチ」がオススメです。

 

例えば、久しぶりに会う友達と出掛ける約束ができたなど、どうしても白髪を隠したいことってありますよね。

 

「リタッチ」でかなり隠すことができるんです。

 

または普段からリタッチをして、全体染めをするのは半年に1度という方法もあります。

 

手間はかかりますが、頭皮や髪には優しい方法。

 

一度試してみるのもありですね。

 

 

  • 生え際の白髪隠しに手軽に使えるヘアファンデーションです。
  • パフから少しずつ粉が出るため、調節して使うことができ、自然な仕上がりになります。
  • 容器とパフが一体化しているため、中身が散らばらず、服や洗面所が汚れることもありません。

 

パウダーをポンポン、スプレーでシュ。ポンポンシュで白髪をカバーする髪のファンデーションです。

 

スプレーをすることで、キープ力が高まり、雨で落ちることも、汗で黒くなったりすることもありません。

 

シャンプーで洗えば落ちますので、いつも通りの洗髪でOK。

 

一度公式サイトをチェックしてみましょう。

 

白髪染めの頻度を抑える方法!使い続けるとダメージが蓄積!


 

体の内側から白髪ケアするサプリメントはこちら